ビットコインの偽物?ビットコインキャッシュ(BCH)はどんな仮想通貨なのか解説

ビットコインの偽物?ビットコインキャッシュ(BCH)はどんな仮想通貨なのか解説

ビットコインは、その知名度から多くの人々が様々なアプローチをしています。

一方で、ビットコインの名前を冠したビットコインキャッシュという仮想通貨も存在しています。

この仮想通貨は、どのようなコインなのでしょうか。

そこで今回は、ビットコインキャッシュはどのようなもので、ビットコインとはどのように違うのかを紹介します。

ビットコインの改修型がビットコインキャッシュ

ビットコインの改修型がビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュという響きから、なんとなくビットコインの名前をかたった偽物仮想通貨というイメージを持っているかもしれません。

しかし、ビットコインキャッシュは、ビットコインの改修型の仮想通貨であり、大手の国内仮想通貨取引所でも取り扱っている安全な仮想通貨です。

ビットコインは、仮想通貨の初期に誕生したコインではあるものの、その開発時期から、仮想通貨の機能としてはいくつか問題を抱えていました。

特に問題があったのは、ビットコインの処理能力であり、安全性を優先することから一度に取引できる能力を1MBに制限していたのです。

たしかに安全な取引ができる反面、世界でビットコインの送受金が行われるようになると、非常に処理能力が遅く、送金まで大変時間がかかるようになりました。

このような課題に対して、ビットコインとは新たな後継コインを開発し、そちらで根本的な性能向上を図るという意見が立ち上がりました。

そこで誕生したのがビットコインキャッシュで、2017年に誕生したビットコインキャッシュは瞬く間に世界中の注目を集めたのです。

ビットコインキャッシュとビットコインとの違いは?

ビットコインキャッシュとビットコインとの違いは?

ビットコインキャッシュとビットコインとの違いは、処理能力、圧縮機能の有無、マイニング難度調整の性能差が挙げられます。

まず、ビットコインに比べてビットコインキャッシュは処理能力が向上しています。

ビットコインがブロックサイズの上限を1MBにしているのに対しビットコインキャッシュは当初8MB、さらに現在では32MBと、ビットコインの32倍もの処理能力を持っているのが特徴です。

次に圧縮能力の有無も異なります。

実は、ビットコインに搭載されている圧縮能力をビットコインキャッシュには搭載されていないという違いがあるのです。

ビットコインには、Segwit(セグウィット、Segregated Witness:隔離された証人)と呼ばれる1ブロックあたりに記録できる取引データを圧縮する機能が実装されています。

一方で、ビットコインキャッシュは規約によって搭載されていません。

マイニング

最後がマイニングの難度調整です。

ビットコインは2週間に1回ですが、ビットコインキャッシュは10分に1度変更されています。

根本的には似ている点が多いものの、以上の3点で違うのです。