マンガ「嘘喰い」について、登場人物やあらすじをご紹介します。

マンガ「嘘喰い」について、登場人物やあらすじをご紹介します。

2006年より「週刊ヤングジャンプ」で連載が始まり、シリーズ累計発行部数1000万部以上の大ヒットに、それが「嘘喰い」です。作者は迫稔雄氏で、全49巻の超大作です。連載10周年の年には実写映画化もしています。
タイトルにもなっている「嘘喰い」は主人公であり天才ギャンブラーでもある班目獏の異名です。

秘密組織「賭郎・かけろう」

秘密組織「賭郎・かけろう」を相手に、嘘喰いや彼の相棒である梶隆臣らは命を懸けての頭脳戦を行うのです。解離性同一性障害を持つマルコや「エクセレント」を口ぐせとするうさん臭い武器商人のカールなど、個性的なキャラクターが多数登場するこちらの作品は頭脳戦のみならず、戦闘シーンもあり格闘マンガとしての一面もあり迫力あるシーンに魅了されるでしょう。